リーズナブルな価格

警備会社の月額利用料は意外と安いです

key

家庭用の警備会社を導入しようとした時に、月額の利用料金が気になる点です。家計の他の部分での出費もあり、あまり高額ですと契約が出来ません。しかし、警備会社によっては思っている以上に安い月額利用料で契約することが出来る場合があります。例えば、マンションの場合は、一般的には各家庭に行くまでにマンションの門があることがおおく、すでに防犯上は戸建てに比べ安心です。そこで、警備会社の契約を最小限にするようにします。例えば、外部から進入する可能性の低いような窓には、設置する機材を減らしたり、換気のためのような小さい窓に機材を取り付けないなど取り付ける機材を減らすだけでも、月額利用料を抑えることが可能になります。

支払い方によっても安くなります

また、戸建の場合も同じように、2階や3階などでどう考えても外部から侵入される心配のない窓については機材を省略する、ムダな設備は省いてもらうなどをすることで月額利用料は安くなります。会社によって異なりますが、警戒するための端末を設置する個数で利用料が決まる場合と、家の広さによって決まる場合とあります。また、電話回線を使って警備状態を警備会社に送ることになりますが、固定電話回線を利用していない家庭もあります。そのような場合は、その代わりになるような端末を設置しますが、それで利用料が変わることはありません。以上より、月額の利用料が決まったら、支払い方を検討することでさらに安くすることが出来ます。毎月払いするよりも、3ヶ月単位や6ヶ月単位などで支払う方法です。